たけみごはん

たけみごはんの日々のごはんやイベント情報を掲載しています。 何処かの誰かの献立の役に立ちますように。

2016年01月

昨日SNSで誰かが寒い日はこれに限るとホワイトシチューをアップしていたのにつられました(^-^)
温まりますね~♪

image
シチュー
ほうれん草サラダ
豆ご飯
キウイと金柑

いただいたロマネスコが嬉しいメニュー。一緒に茹で始めるとロマネスコが柔らかくなりすぎるので人参やジャガイモに火が通ってから投入。その時に塩麹小2強と、甘塩の鮭もしっかり焼いてから入れました。水は野菜の半分くらいで蓋をして蒸し煮。水がなくならないように注意。
具に火が通ったら、そこに溶かしバター大1強、薄力粉大2を混ぜてぬるま湯で少しのばしたものを入れて混ぜ、馴染んだら豆乳を1カップくらい入れ、良い感じにとろみがついたら出来上がり。野菜はロマネスコ6片と芯、人参1/2本、ジャガイモ1/2個、玉ねぎ1/2個、茄子1本。分量かなり適当ですが出来上がりは写真の倍量くらいです。二人前くらい。ハーブと粉チーズをかけていただきました。

ほうれん草は宣言通りサラダに。根っこはシチューに入れました。フライドオニオンとくるみと醤油とラー油。ラー油のおかげかつまみっぽさ満載。ビールに手を出そうか迷いました。

ご飯に混ぜたお豆は夏の終わりに実家でもらった黒豆の枝豆を冷凍しておいたもの。風味の濃いお豆大好きです。

果物達は仕事先でのいただきもの。

気づけばどのお皿もメイン具材がいただきものでびっくり。ありがたいことです!!!


そういえば昨日、いただいた春菊をふき味噌の要領で甘味噌仕立てにしました。
image
ちょこっと試作して味見。ふきほど強くはないですがほわっと良い香りです。
試作は包丁で叩きましたが本番はフードプロセッサーで微塵にしました。菜種油で炒め、豆味噌とみりんと甜菜糖で味付け。ふきより随分水分が多いので水気が飛ぶまでじっくり炒めて出来上がり。
image
両手で掴みきれないほどあった春菊がカップ一杯程度の量になりました。
2月のイベントGood Neighborsではオーガナイザータクロウさんが育てた春菊で作った春菊味噌を使います!
まだメニュー決まってないけど(^◇^;)

前回はちょうど収穫の谷間で野菜がないシーズンだったので、今回大山ファームの野菜を使えるのが嬉しいです。そしてなによりまたこのイベントでフードを担当させていただけるのが嬉しい(^o^)!!
Good Neighborsは2/21(日)江古田のニコラシカです。

しとしと雨ですが、雪に変わりますかね?寒いです。
かれこれ4日間ほど煮込んでいた牛スジ煮込みをメインに。ちょうどよく温まるものが食卓に上がりました。
image
牛スジ煮込み
ほうれん草と人参のバター醤油炒め
しめじと大葉の醤油麹和え
茄子のライム塩漬け揉み
黒ごまかけご飯

あらかじめ香味野菜(長葱、ニンニク)と柔らかくなるまで茹でた牛スジに大根、人参、ごぼう、ニンニクの芽、こんにゃく、絹豆腐を入れました。調味料は塩のみ。日々火を入れては真空保温調理器の中に入れていたのでお肉はトロトロです。こんなに長く煮込んでいたのはどうしてもこんにゃくを入れたかったから。なかなか買い物に行かれずにいたら勝手に美味しくなりました(o^^o)

先日雪の下から掘り出した大根をくださったタクロウさんから昨日、ロマネスコと春菊とほうれん草をいただきました。今期の収穫はこれで最後だそうです。美味しいうちに大切にいただきます!とってもとっても嬉しい♪
ビッと張りのあるほうれん草は生でサラダにしても美味しそうでしたが、今日は人参と熱したバターでサッと炒めてお醤油をジュッと。肉厚で緑が鮮やか!美しいものって美味しい~!一度箸をつけたら止まりません。やっぱり一度はサラダで食べよう(^-^)
結石のある方は茹でてシュウ酸を減らした方がよいですが、たまに生で食べる分には気にしなくて良いそうです。

蒸し茹でしたしめじに大葉と醤油麹を絡めました。麹が入るとこんなに違うものになるんだなぁとおただの醤油との違いに改めて感心してしまいました。凄いよ!麹!
実は2月の半ば辺りに麹を育てるWSに参加するのです。全部は無理だとしても、今年のお味噌は自分で育てた麹を使って作ってみたいと思います。

少し前に作ったライム塩漬けで揉んだ茄子。塩気が多めなのでお漬け物的に日持ちします。揉んだ直後より馴染んで味が丸くなりました。ライムに押されつつもちゃんと香りのする茄子に意外な強さを感じました。茄子さん、芯が強い。


毎日食べるということをしていても何かしら発見や納得があって面白い。でも最近少し食べすぎなので舌のリセットのためにも近々軽くファスティングしようともくろんでおります。
ずっと美味しく食べられるために!美味しいものが作れるように!
五感を鈍感にしてしまわないのは大切(^-^)

炊き損じのお米のお焦げの部分をどうしようか考えて、卵を混ぜてシンプルチャーハンにしておきました。

今日はそれを使って雑な感じの中華定食を目指してみました(^∇^)
image
大根葉の辛味噌チャーハン
ソーセージ野菜炒め
赤大根の甘酒お酢揉み
トロトロコーンスープ

大根葉をごま油で炒め、味噌、生七味、みりん、酒で濃いめに味付けしたものをチャーハンに混ぜました。ピリ辛でなかなか。

チャーハンと別盛りにするより一緒盛りにしたほうが冷めにくそうだったのとチャーハンだけを盛る適当な大きさのお皿がなかったので野菜炒めはチャーハンと一緒。

甘酒を沢山作ったので色んなものに使ってみようと今日はお酢とひとつまみのお塩と合わせて香りの強い寿司酢のようなものを作って赤大根を揉みました。甘酒の香りが好きな人には良さそうです。

中華といえばトロミのついたコーンスープという安易な発想ですが、あれ好きなんです。味付けは塩麹なので中華なのかと問われると完全に和寄りですが、、、美味しければよしですね。美味しかったですよー(^-^)


シンプルチャーハン(薄塩胡椒)はなかなか使い勝手が良いですね。普段ストックしておくのも味を変えつつ楽チンごはんが出来て忙しいときなど良いかもしれません。

今日はちょこちょこと品数多く。他の料理で使ったものの残りが材料なのもちらほら。

image
昆布豆
茄子ピーマン金山時味噌炒め
大根の皮の黒酢炒め
牛スジ煮
鰹ふりかけ
芹のお味噌汁
ゴマ入りご飯

懐かしい味わいの昆布豆。甘じょっぱさにご飯がすすみます。昆布はさるフェス時の出し殻の再利用。24㍑のお出汁をとった昆布と鰹節の出し殻は結構な量でして、先日のおでんと今日の昆布豆でも使い切らなかったものは昆布チップスに。
image
油少な目で蓋をして弱めの中火でたまにかき回しつつ、じっくりカリカリにしました。こちらは日々のおやつへ。

茄子ピーマンはお味噌を入れる段で一緒に大葉も入れると美味しさが増します。

先日いただいた大根を漬け物にするときに剥いた皮を一夜干しして細切りにしてごま油と黒酢とほんの少しのお塩で炒めました。いつもだときんぴらにしてしまうのですがこの品数でどれもこれもしっかり味だと塩分摂りすぎになってしまうなと急遽変更。適当に作ったわりにかなり美味しくなりました。

牛スジ煮込みを作ろうと野菜や調味料を入れる前にスジだけ香味野菜と柔らかく煮たものを大根おろしに乗せてお醤油をちょろりとかけたもの。これ、とても美味しいんです。牛スジはどうも他で買う気がしなくて上野まで出向きます。
image
そのまま食べたくなるさしっぷり。

昆布とともに大量に出た鰹節の出し殻は煎り煮して焼き海苔を混ぜてふりかけにしました。もっと色々混ぜた方が美味しいのはわかっていましたが、これ以上増えても困ってしまうのでやめました。ちょっとパサッとしてしまいましたが味はよいです。これを作ったら部屋の中が鰹節と佃煮の甘辛い香りでいっぱいになりました。以前錦松梅の工場の隣に住んでいた時を思い出しました。香りでご飯が食べられそう(^.^)


炊き損じたご飯も甘酒にして配ってみたり、とりあえずそのまま食べられないものは全て何かしら食べられる状態にできたのでほっとしました。棄ててしまうのは忍びないですから(^-^)

昼間の暖かさに開放的な気分になってプレートランチ。
あれもこれも挟みたい!と気づいてみればモリモリになっていたのでした(^_^;)
image
パン耳サンドプレート
野菜の豆乳スープ

トルコパンのデキルメンというパン屋さんでいただいたパン耳、ちょっとデニッシュ食パンぽい油分の入り方で、焼いたらカリサク食感(^-^)
ガスレンジの片面グリルで耳側を焼いてから返して、片方にチーズ、もう一方にトマトを乗せて焼いたパン耳に、フライパンで焼いておいた玉ねぎと玉ねぎの輪を使ったまん丸目玉焼き(これ便利です)を乗せました。鶏と一緒に焼いたので鶏の旨味も沁みててgood!
挟む用に塩麹漬けの鶏胸肉と大根葉の柔らかいところもお皿に乗せて出来上がり。
多いの承知で全部挟んでみました!
image
特に何かかけずとも、チーズの塩気と鶏の塩気、玉ねぎの甘味やトマトの酸味、大根葉のシャッキリ感が相まってとっても美味しい!けど食べるの大変(^_^;)

スープの中身は茄子、玉ねぎ、しめじ、トマト。具沢山のぽかぽかスープ。こっちも味付け塩麹にしてしまいました!マイルドな塩気で使い勝手が良いのでついつい多用しがちです。
普通の塩を使うより旨味が多いので塩分摂取量は控えられそうな気がします。

鶏に卵に豆乳とたんぱく質多めでお送りしました~。このところ筋肉量が落ちているのでこれで身体を動かせば効率的に筋肉になるじゃない!と思うのですが、寒いとなかなか運動するために外にでるのが億劫になっていけませんね。

このページのトップヘ